アラサー人妻マダムたちに人気の逆援助募集サイト!女性獲得に力を入れたサイトだからセックス相手探しに苦労しません

逆援女性の目に留まるプロフィールの作り方

SHARE

逆援女性の目に留まるプロフィールの作り方

出会い系サイトや出会いアプリを利用する上で、プロフィールの完成度はとても重要です。逆援女性が最初に見るプロフィールが適当だと、「いくら積極的にメールを送っても返信が来ない」なんてことになりかねません。今回は、逆援女性の目に留まるプロフィールの作り方について解説します。

相手から敬遠されないハンドルネームを名乗るのが安全

プロフィールでまず考えるのが名前です。本名でもいいですが、本名を使うと詐欺などに利用されてトラブルの原因になったり、身バレして周囲に出会い系を利用していることを知られてしまったりして、肩身の狭い思いをする可能性があります。結婚を前提とした恋人を作るのでないかぎり、出会い系では本名を名乗らなくても女性と知り合えるので、なるべくハンドルネームを使いましょう。

またハンドルネームは、読みにくいものや政治的なものなど、相手から敬遠されてしまうような名前は避けましょう。「シン」や「カケル」のように、相手がスマホなどでタイプしやすい短い名前がおすすめです。

職業は会社員にして年齢や体重などはあまりサバを読まない

プロフィールに自分の外見的な特徴を書くときには、あまりサバを読まないようにしましょう。いくら相手にいい印象を与えたいと思っても、実際に会ったときにプロフィール通りでなければ、幻滅させてしまうだけです。年齢は実年齢プラスマイナス3歳程度にとどめ、体型も自分とかけ離れた表現は避け、太っていれば「体が大きい」などの表現にしましょう。

また職業は、会社員としておくのが無難です。普通の職業についていることで、プロフィールを目にする女性に安心感を与えます。医者や弁護士などの高収入な職業は、逆援助をもちかけても同意しないと思われるので、逆援女性を狙う方にはおすすめできません。同じ理由で、年収を書くときも低めのほうがいいでしょう。

自由欄には自分の趣味などをわかりやすく書く

人間は、よくわからない相手より、情報の多い相手に安心します。プロフィール欄に最低限の情報しかない人より、プロフィールの自由欄が充実している人のほうがメールの返信率は高くなります。そのことを踏まえ、自由欄には面倒でも自分のことをわかってもらえるようにしっかり書きましょう。

具体的には、自分の性格や趣味、どんな相手を求めているか、恋人の有無、休日の過ごし方など、相手とメールするときの話題に使えそうな情報を書くのがおすすめです。ただし、長々と書いても最後まで読まれないので、箇条書きにするなど、わかりやすく書くとよいでしょう。

プロフィールは逆援女性の目を意識してしっかり作るようにしよう

プロフィールを作るときには、相手が読むことを意識して、適当に作ったという印象を与えないようにしっかり書きましょう。この記事を参考にして、逆援女性の目に止まるプロフィールを完成させてください。